病児保育

 第28回全国病児保育研究大会in香川

7/15・7/16に香川県で開催された第28回全国病児保育研究大会に院長、看護師長、看護師、保育士で参加しました。

この度「すくすくハウス18年のあゆみ-病児保育士の様々な取り組み-」というタイトルでポスター発表を行いま

したので紹介いたします。

はじめに

当病児保育所は鈴木小児科医院併設(医療施設併設型)病児保育室として2000年(平成12年)

に開設し、本年で18年目となる。働く家族に代わって、日々子ども達の病状の回復、

心身共に健康に向かうためのサポートを行っている。本年度4月には新施設が開設され、

増々利用される方に喜ばれている。新施設開設に伴い、新施設の紹介と病児保育士

としての様々な取り組みについて報告する。

サークル活動

サークルは、毎月第3金曜日に当医院の支援ルームにて行われている。

サークルを始めて今年度で3年目になる。サークルの内容は、

病児保育士2名が担当し、季節にあった製作・パネルシアター・絵本・

読み聞かせ・リトミック等親子で楽しめるように考えている。

服薬指導の絵本作成

服薬に対して、抵抗感を持つ子に薬の大切さ、役割などを「おくすりマン」というキャラクターを登場させて楽しみを

持てるようにし、どうしても水で飲めない子どもに対しても服薬のための手段を掲示した場面を加え、薬に対する抵抗感

を和らげ、服薬後は、頑張りを認め自尊心や自信にも繋げていけるような場面を心掛けて作成している。絵は、当施設の

病児保育士のオリジナルである。絵本は、病児保育室に常に置いており、服薬に対して、抵抗感を持っている、

または服薬困難と思われる子どもを対象として読み聞かせを行っている。

新施設の紹介

新施設開設にあたり、院長・副院長・看護師・保育士で何度も話し合いを設け、子ども達が快適で安全に過ごすこと

ができ、保育士が使いやすい環境になった。

終わりに

病児保育士は、病気の子ども達が安心して1日過ごせるように保育することが主であると思うが、病児保育以外のことに

取り組むことにより、病児保育士自身のスキルアップにもつながっていると思われる。新施設開設に伴い、

これからも様々なことに取り組んでいき、たくさんの子ども達と触れ合いたいと思う。

 

 

☆すくすくハウスが新規移転オープンしました☆

鈴木小児科医院病児保育所・すくすくハウスは、平成12年に開所して以来、多くの方に利用していただいております。
この度すくすくハウスは平成30年4月16日(月)より移転オープンいたしました。
さらに充実した設備でお子さんをお預かりいたします。
 

すくすくハウスは、市の委託により開設する 「病児・病後児保育事業」です。

すくすくハウスは、病気のお子様の保育を、ご家族に代わってお引き受けする施設です。
感染症対策として、独立した5部屋の保育室を有しており、必要に応じて間仕切りを配し、最大7部屋に分けることが可能です。医師の診察に基づき、疾患別に部屋割割りを行い、少人数グループ毎に保育士を配置して保育看護を行っています。
各部屋にはカメラが設置されており、併設の小児科から、医師・看護師が常にモニタリングできる仕組みとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成30年4月16日 移転・オープン

 

ご利用方法

保育時間

月~金曜日 8:00 ~ 18:00
土 曜 日 8:00 ~ 16:00
休 室 日 日曜日、祝日、お盆、年末年始、医院の休診日

利用方法

利用されるときは、保育士確保の連絡のため、必ず電話で予約してください。
原則として利用前日の予約をお願いします。

※小児科または担当スタッフにつながります。
話し中の時は少し待って、おかけ直しください。

予約時間

月~金曜日 7:00 ~ 21:00
日曜日・祝日 20:00 ~ 21:00(連休の場合は最終日のみ受付)

※当日利用の予約(受診後預ける場合も)

月~土曜日 7:00 ~ 7:30

対象年齢

乳幼児~小学6年生

保育料

1 日:2000円(1人)
延長:500円追加(月~金: 18:00~ 、土: 16:00~)

昼食・おやつ

こちらで用意した場合、実費でいただきます。持参されてもけっこうです。
アレルギーで除去食のある場合は申し出てください。

持参するもの(※名前を書いておいてください。)

  • 着替え(必要と思われる枚数)
  • 下着 (必要と思われる枚数)
  • オムツ(適量)
  • 乳児は普段使っている粉ミルク
  • 哺乳ビン
  • 汚物を入れる袋
  • 保険証(初診時)
  • 母子手帳
  • 薬、お薬手帳(処方内容のわかるもの)
  • 熱型表(ある方のみ)

注意事項

  • 利用にあたっては、年度毎に登録が必要です。
  • 利用当日に登録書を提出して頂きます。
  • 利用児は鈴木小児科で診察をいたします。
  • 初診の方は原則として診察してからのお預かりになります。(診察時間9:00~)

お願い

  • 急な場合も、必ず事前に電話してください。
  • キャンセルの場合も連絡をしてください。
  • 定員を超える場合は、やむを得ずお断りすることもあります。