小児科トピックス


子宮頸がんワクチン積極的推奨が、令和4年4月より再開へ

 子宮頸がんワクチンの接種について、専門家の会議において継続的に議論されてきました。

 令和3年11月12日に開催された会議において、安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種により有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められました。

 地域の支援体制を充実されていくこと、ワクチンについての情報提供を充実させていくことなどを進め、積極的な推奨を差し控えている状態を終了させることが妥当と判断されました。

 (厚生労働省Hpより)

 

 【対象】

小学校6年生~高校1年生の女子

 

 キャッチアップ接種もあります。(空白の8年間ができてしまったため、無料で接種できる対象を設定)  

 

 【対象】

平成9年度~平成17年度生まれまで、誕生日が1997年4月2日~2006年4月1日の女性

過去にHPVワクチンの接種を合計3回受けていない女性

 

 詳細な情報については、下記サイトをご参照ください。

過去のトピックス